Amptweaker エフェクター Bass TightDrive アンプトゥイーカー ベースタイトドライブ 新作入荷,本物保証 —— 22,300円
割引: 15%OFF



___________________________
こちらの商・iはメーカー取り寄せ商品になります。
ご注文をお受けした後にメーカーから商品を取り寄せますので、
通常配達に比べ、若干納期に遅れが生じる場合もございます、予めご了承下さい。
また、メーカー取り寄せ商品はお客様都合でのご注文キャンセルはお受け致しかねます。
ご注文前に必ずご利用ガイドをご確認下さい。
在庫の有無に関しては、ご注文頂いた後にメーカーに確認させていただきますので
お急ぎの方は必ずご注文前に、お電話かメールにてお問い合わせ下さい。

___________________________

Bass Tight Driveは、ギターバージョンを基調とし、The Red ChordsのGreg Weeksの協力のもと、誕生しました。
Greg Weeksの他、Kings'Xのベース・ボーカリスト、dUg PinnickもBass Tight Driveを使用しています。
Bass TightDriveは、Tightコントロールを搭載したベースオーバードライブペダルです。
Gain、Tone、VolumeとTightコントロールを組み合わせることで、様々な歪みを作り出すことができます。
太いベーストーンを基本とし、ブルージーでスムーズなトーン、リズムに最適なクランチサウンド、そしてヘヴィで攻撃的なトーンなど、まさに自由自在なベースサウンドを作り出します。
Bass TightDriveの最大の特徴は、Tightコントロールにあります。
このTightコントロールは、アンプのアタックを思い通りに調整することができます。流れるようにスムーズなアタックから、重くアグレッシブなアタックまで、Tightコントロールで幅広く設定可能です。
また、Bass TightDriveにはエフェクトループを搭載しています。このループはTightDriveの前段/後段のどちらに配置するかをスイッチ一つで切り替えることができます。
このループに接続されたエフェクトは、Tight Drive本体をバイパスにすると同時にバイパスとなります。
イコライザーやフィルター、ディレイ、空間系エフェクトなどさまざまなエフェクトと組み合わせることで無限のサウンドを作り出せます。
さらに、電池使用時に本体の電源を切ることのできるバッテリーディスコネクトスイッチを搭載しているため、エフェクトボード内でケーブルを接続したまま、電池の消費量を抑えることができます。また、アダプタ使用時には各ノブをLEDが照らし、暗いステージでもセッティングを瞬時に把握、変更することができます。




Amptweakerのペダルは、全てアンプデザイン・エンジニアであるジェームス・ブラウン氏の手によって設計・製作されています。
ジェームス・ブラウン氏は世界的に有名なアメリカのアンプメーカーに在籍し、有名な大物アーティストと共に数々の名アンプを世に送り出してきました。


・トゥルーバイパススイッチ
・Tightコントロール
・Gain、Tone、Volumeコントロール
・プリ/ポスト切替え可能なエフェクトループ
・LEDを使ったノブ用の照明を搭載(アダプター使用時)
・バッテリーディスコネクトスイッチ
・センターマイナス DC9Vアダプタジャック搭載
・道具を一切使わずに電池交換可能
・14ゲージスティールシャシー
・アメリカにてハンドメイド
・11mA current consumption(電池使用時)
・20mA current consumption(アダプタ使用時)
・サイズ 9.5cm W X 12.8cm D X 5.0cm H

▼クリックで拡大▼

Copyright © 2019 kirunatestarea.com. All rights reserved.